メガリザードンY

f:id:summer0730ta:20170420113932p:plain

 

タイプ:炎/飛

種族値:78-104-78-159-115-100

特性:日照り

持ち物:

性格:控えめ 臆病

技:守る 熱風 火炎放射 オーバーヒート ソーラービーム 目覚めるパワー(地/氷) 気合玉 追い風  原子の力(※ほのおのちかい)

 

メガガルーラの弱体化に伴い相対的に強化されたポケモンの筆頭。前作まではガルーラのすてみタックル並びに霊獣ランドロスの補正有りダブルダメージ岩雪崩をベースに物理耐久調整されている個体が多かったが、親子愛の弱体化により火力や特殊耐久に努力値を割くことが可能になった。霊獣ランドロスの補正有りダブルダメージ岩雪崩であるが、裏を返せば岩雪崩しかメガリザードンYに対して基本的には打点がないためワイドガードで処理が可能となる。メガリザードンYワイドガード要員としては、こちらを参考にしていただきたい。

tuna-poke.hatenablog.com

 他にもワイドガード要員はいるものの環境に多く存在するポケモンとしてはギルガルド(のみ)である。相手が構築単位で岩雪崩が重いようであればワイドガードを警戒せざるを得ない。  また、特殊耐久であるがメガ進化することで種族値が20増加し、HPに振るだけで補正無しフィールド無しカプ・コケコの命の珠10万ボルト、補正有りフィールド有りカプ・テテフの拘り眼鏡サイコキネシスを耐えることが可能。ちなみに183(236)-147(92)で補正無しフィールド有りカプ・コケコの10万ボルト耐えとなる。従来では物理耐久に多く努力値を割く型がテンプレ(?)だったが、環境にカプ・テテフカプ・レヒレ、カプ・コケコが多いため特殊耐久を調整する必要性が大きくなった。 メガリザードンYの天敵としてはヒードランを筆頭に貰い火のポケモンである。タイプ相性として水タイプのポケモンも苦手ではあるものの特性の日照りで半減することが可能であり、多くのメガリザードンYが所持しているソーラービームで大きなダメージを与えることが可能である。また、先述した岩技及び多くは岩雪崩であるため威嚇やワイドガードでサポートが可能となる。しかし、ヒードラン等にはメガリザードンYからの打点が乏しく押し切られてしまう事があるため構築単位で対策をするから、目指しパワー地面を採用する必要がある。ヒードランはシュカの実の所持率が高いため、メガリザードンYヒードランを処理するルートを確立する場合は確定二発で落とすことを前提に調整を行いたい(補正有りc222(180)メガリザードンY目覚めるパワー地面h198(252)ヒードラン132〜(シュカ込み66〜)∴66+132=198)ちなみに、補正有り極振り目覚めるパワー地面であればシュカではないヒードランならば確定一発となる。私の意見であるが、本来ならばヒードランメガリザードンYで処理すべき相手ではないため構築単位でカバーすべきであると考える。メガリザードンY構築のよく見られてるポケモンとして霊獣ランドロスが上がるが、威嚇、地面打点、岩打点(岩雪崩)が優秀でありとんぼ返りによるサイクルで天候合戦にも比較的有利に立ち回ることが可能であるためである。また、クレセリアもよく見られるが、スキルスワップやS操作(トリックルームor凍える風or両採用)が非常に優秀であり、目覚めるパワー地面を仕込む型も一定数存在する。メガリザードンY構築としてはまずこの三体からスタートし①ヒードラン対策②岩雪崩のケア③S操作④対天候(⑤害悪対策)といった順番で形成したい。