カプ・レヒレ

f:id:summer0730ta:20170407173803p:plain

タイプ:水/妖

種族値:70-75-115-95-130-85

特性:ミストメイカー

持ち物:f:id:summer0730ta:20170407174251p:plainf:id:summer0730ta:20170407174255p:plainf:id:summer0730ta:20170407174300p:plain

性格:控えめ

技:守る 熱湯 濁流 ムーンフォース マジカルシャイン 瞑想 冷凍ビーム 目覚めるパワー

 

s1のデータはないものの、体感バンク解禁後急増。理由としてはメガガルーラ構築との相性が良く、保管としてとても優秀であるためである。かの有名なSejun Parkが使用したこともあり、主にWCS勢が全国ダブルにて多用している印象もある。また、ORASダブルレート唯一の最終レート2100超えプレイヤーであるゆうだちくん[@yuudachi_poke]もs2で使用しており結果を残している(最終2079 一位)

www.emolgame.jp (無断転載のため指摘があれば削除します)

非常に参考になる構築であるので、全国ダブルに興味がある方は一度は目を通していただきたい。カプ・レヒレの最大の特徴は特性であり、状態異常を無効化することでフィールドの恩恵を受けるポケモンが火傷で攻撃力が半減することや、麻痺で行動できなくなるといった"事故"を防ぐことが可能になる点である。ポケモン対戦は試行回数が大きく関連するゲームであるため、この"事故"をいかに減らしつつ戦うかが重要であるため、カプ・レヒレの登場は環境に大きな影響を与えた。発表当初はその耐久値やタイプなどからスイクンと比較されがちだったものの、習得技や特性で大きく差別化を計り今では環境トップメタの代表でもある。高耐久水ポケモンにありがちな低下力を拘り眼鏡で補うプレイヤーが多く、持ち物の大半を占めている(スイクンc90 カプ・レヒレc95)。また、拘り眼鏡を所持している割合が多いという情報から集中して落とすプレイヤーも多く存在するため、不意をつき守るを所持し持ち物が食べ残しの個体も一定いることを頭に入れておいていただきたい。言い換えれば、集中されなければよっぽどのことがない限り落ちない耐久があるという事実である(ランドロス補正有りA252地震Z 補正なしカプ・レヒレ162〜192ダメージ H236B108 175-149 確定耐え)。orasに置き換えるとガルニンフのような立ち位置である。性格は火力補正をかける個体が多いが、サポート型のとしてならば臆病、図太い、穏やかなども一考である。技構成もタイプ一致技のみで固められることが多いため、ナットレイなどには手も足も出なくなるため構築単位で対策が必須となる。また、耐久値が一定水準以上あるため削りとして自然の怒りなども有力である。黒い霧なども習得するものの全国ダブルではイーブイバトンなどは少ないため、何れにしてもPT単位で調整が必要となる。採用率の高い拘り眼鏡のメリットだが、環境に多く見られるランドロスヒードランなどを熱湯で処理や牽制することが可能であり、範囲技であるマジカルシャイン(命中100)をタイプ一致で放つことができる点である。